SPEC仕様・保証

A-wood homeの『SW(スーパーウォール)の家』

コンテンツ
改修中

安心の品質

  1. 高耐震・高耐久な『ベタ基礎』を標準採用

    家本体を支える土台となる基礎にはいろんな種類がありますが、A-wood homeでは『ベタ基礎』を標準採用しています。

    ベタ基礎は建物の底面部分全体を鉄筋コンクリートで多い『面』で建物を支える工法です。面で支えることで家全体の荷重を分散させることができ、全面をコンクリートで覆うので地面からの湿気を防ぎ、シロアリなどの害虫の侵入も防ぐことができます。

  2. 耐震性に優れた強固な床組み

    A-wood homeでは『剛床工法』という工法で床組みをしています
    これは床の下地を『面』で支える工法で、従来の根太組工法に比べ、より強固な床組みとなります。
    その『面』を支える下地となる土台や大引という構造材を四角いマス目状に組むことで一般的な剛床工法よりもさらに強固な床組みを実現しています。

  3. 建物の構造(骨組み)は金物接合工法

    日本の木造住宅で最も主流となっているのが『在来軸組工法』です。
    昔ながらの在来軸組工法では柱を切り欠いて梁を繋ぎ合わせていく工法ですが、A-wood homeが推奨する金物接合工法は一般的な在来軸組工法の仕口(木と木を繋ぎ合わせる部分)と接合金物を使いません。
    仕口の欠損部分を少なくし、特殊な金物で接合する工法です。
    従来の木造仕口部分に変わって特殊金物により構造材を接合するので、接合部の木材断面欠損は約1/4となります。断面欠損を最小限に抑えることで、接合強度は約1.5倍になることが証明されています。

  4. 耐力面材を外周全面張り

    在来軸組工法において地震に強い耐力壁を作るには、柱と柱の間に斜めに架ける『筋交い』を入れる方法と、柱や梁に『耐力面材』という構造用の合板を張って繋ぐ方法があります。
    A-wood homeではこれらを併用して建物の強度を確保しますが、特に耐力面材については建物外周部の壁全面に張ることで構造体を『面』で繋ぎ、より強固な構造体としています。
    また、耐力面材を全面に張ることで建物の気密性や防音性が向上します。

アフターメンテナンス

私たちはお客様の『家』を創るだけが仕事だとは思っていません。
完成してからも見守り続けることも大事な役目だと考えています。

構造躯体と雨水の侵入を防止する部分について
当初の10年保証期間終了後、規定による点検・補修工事(有償)を実施頂き保証期間を10年間延長することができます。

A-wood homeではお引き渡し後もお客様に安心して暮らしていただけるように
長期にわたって無料点検を実施します。

定められた項目に基づき、定期点検を行い、必要に応じてメンテナンスをします。
日頃より当社では増改築やリフォームの工事も承っておりますので、
そういったご相談もお伺いします。

地域密着型の工務店の利点を生かし、ご用命あらばすぐに駆け付けます!

各種保証制度

住宅瑕疵担保責任保険【10年】

『構造耐力上主要な部分』及び『雨水の侵入を防止する部分』に欠陥が生じた場合、法律に基づき、瑕疵の補修または賠償が10年間保証されます(延長制度もあり)。
国土交通大臣指定の住宅瑕疵担保責任保険法人に所属する専門の検査員による検査を合格することで、瑕疵担保の責任を履行します。

地盤保証【20年】

A-wood homeの地盤保証は20年間の長期保証が全棟に付きます。 地盤保証は、専門機関の地盤調査による解析に基づき、土地に応じた地盤改良や基礎仕様を施し、品質基準を満たした場合に保証されます。

※お引き渡し後、地盤の不同沈下が原因で発生した事故に対する原状回復の為の補修費用、必要経費に対して最高5000万円保証する制度です。

シロアリ保証制度【5年】

新築工事の段階で、白アリ発生防止のための工事を行います。
その上で、お引き渡し後保証期間内に白アリが発生した場合には無償で再施工、損害賠償をする制度です。

FRP防水保証制度【10年】

新築住宅にバルコニーがある場合、当社ではFRP防水という工法で防水処理を行います。
お引き渡し後この防水工事が原因となり、漏水が発生した場合の修繕費用等を10年間保証する制度です。