SPEC仕様・保証

A-wood homeの『外断熱の家』

ここではお住まいの快適さの大事な要素となる断熱・気密についてお話しします。
聞きなじみのない言葉や数字が出てきて少し難しそうに思えますが、ぜひご覧になってください。そしてこれから建てようとするマイホームの気密・断熱について一度考えてみてください。
なぜなら、日本の一般的な住宅は、高気密でも高断熱でもないからです。これは大手ハウスメーカーの住宅も例外ではありません(一部を除く)。

外断熱とは…?
住まいを柱の外側からすっぽり断熱材で包み込む工法

マイホーム新築をご検討されているお客様であれば耳にしたことがあるかもしれない『外断熱工法(外張り断熱工法)』ですが、簡単に言いますと、住まいを柱の外側からすっぽり断熱材で包み込んでしまう工法のことを言います。

日本の住宅では内断熱工法(充填断熱)が一般的ですが、外断熱工法の家は気密性・断熱性が向上し、家全体が魔法瓶のような構造となります。
そのため、外部からの寒さや暑さの影響を受けにくく、家の中の温度差が少ない温熱環境ができ、これは近年問題となっているヒートショックを軽減する効果もあります。(ちなみにヒートショックによる年間死亡者数は交通事故の約4倍!)
また、遮音性能にも優れ(ご近所を気にせずカラオケもできるほど!)快適な住環境を作ることができます。
さらに、断熱材にくるまれた家なので、結露などの心配も少なく、柱などの構造体を湿気から守ることで家全体が長持ちします。

外張り断熱工法と内張り断熱工法の違い

『外断熱工法』と『内断熱工法』のメリット・デメリット

A-wood homeの 外断熱工法 一般的な 内断熱工法
メリット
  • 結露などの湿気に強いので、構造躯体が長持ちする
  • 高品質な断熱材で劣化が少なく、性能が持続する
  • 遮音性能に優れ、外部の騒音、屋内からの音漏れも気にしなくて済む
  • 家全体の温度差も少ないため、ヒートショックの軽減効果があり、吹き抜けやスキップフロアなどの大空間の間取りに適している
メリット
  • 断熱材が安価である
デメリット
  • 高品質な断熱材であることから、内断熱に使用される断熱材(グラスウール、ロックウール等)に比べ高価である
  • 施工の手間がかかる
デメリット
  • 施工レベルによって断熱性能に大きなバラつきがある
  • 施工によっては結露しやすくなり、構造体が腐ったり、断熱材がカビたりする
  • 壁内結露により、断熱性能が年々劣化する

『UA値』、『C値』ってなに?

UA値とは、家の断熱性能の指標。
値が小さいほど断熱性能が高い。

高断熱・高気密を語る上で『UA値』と『C値』は欠かせません。
UA値(外皮平均熱貫流率)とは、家の断熱性能の指標となるもので値が小さいほど断熱性能が高いと言えます。
簡単に言えば外の熱が家の中にどれだけ影響するかを表します。

『次世代省エネルギー基準』という言葉をご存じでしょうか?
これは国内における断熱レベルを8つの地域に区分し(東海地方は6地域)、その地域ごとに基準値が設けられています。
この基準を満たすと断熱等級4(最高等級)となり、晴れて省エネ住宅となります。省エネ基準におけるこの地域のUA値は0.87とされていますが、この東海地域の気候と照らし合わせると この基準では物足りません。
A-wood homeでは断熱最高等級を上回るUA値0.56を指標とした家づくりをご提案しています。

C値とは家の気密性能を表す数値。
値が小さいほど気密性能が高い。

一方、C値(相当すき間面積)とは家の気密性能を表す数値で、値が小さいほど気密性能が高いと言えます。
簡単に言えば、家全体に対してどのくらいのすき間があるか、という数値です。
いくら断熱性能を高めても気密性能が悪ければ、すき間から内外の空気が通過してしまうため、断熱の性能は落ちてしまいます。

しかし、このC値については現在、国の定める基準がなく(過去にはありましたが)、各施工業者の施工に頼るしかないのが現状です。
ただ、先述のとおり家の気密性能は断熱性能と表裏一体の関係にあり、例え高価で高性能な断熱材を使用したとしても気密の悪い家ならば快適な住環境は実現できません。

C値は『㎠/㎡』という単位で表しますが、過去にH11年省エネ基準という国が定めた基準がありました。
この地域の基準は5.0㎠/㎡以下というものでしたが、この5.0㎠/㎡という基準では住宅に必要な気密性能には到底及んでいません。

一般的に『高気密住宅』と呼ばれる家はC値2.0㎠/㎡以下の住宅を指しますが、換気効率や内部結露などを考えるとこれでも今ひとつです。
そして実はこのC値、ハウスメーカーの多くは公表していません。
その理由は、ハウスメーカーは実際の施工を外注の各地の工務店に依頼します。そのことから、施工レベルにバラつきが生じ、目標値を達成できないリスクがあるからです。 裏を返せばC値を高めるには、精度の高い施工力が必要不可欠だということになります。

A-wood homeでは自社大工による丁寧で細やかな施工でC値0.3~0.5㎠/㎡を目標値とした家づくりをしています。

  • 断熱性能UA値の比較 A-wood homeは省エネ基準を大幅に上回る断熱性!
  • 気密性能C値の比較 A-wood homeはトップクラスの気密性!

安心の品質

  1. 高耐震・高耐久な『ベタ基礎』を標準採用

    家本体を支える土台となる基礎にはいろんな種類がありますが、A-wood homeでは『ベタ基礎』を標準採用しています。

    ベタ基礎は建物の底面部分全体を鉄筋コンクリートで多い『面』で建物を支える工法です。面で支えることで家全体の荷重を分散させることができ、全面をコンクリートで覆うので地面からの湿気を防ぎ、シロアリなどの害虫の侵入も防ぐことができます。

  2. 耐震性に優れた強固な床組み

    A-wood homeでは『剛床工法』という工法で床組みをしています
    これは床の下地を『面』で支える工法で、従来の根太組工法に比べ、より強固な床組みとなります。
    その『面』を支える下地となる土台や大引という構造材を四角いマス目状に組むことで一般的な剛床工法よりもさらに強固な床組みを実現しています。

  3. 建物の構造(骨組み)は金物接合工法

    日本の木造住宅で最も主流となっているのが『在来軸組工法』です。
    昔ながらの在来軸組工法では柱を切り欠いて梁を繋ぎ合わせていく工法ですが、A-wood homeが推奨する金物接合工法は一般的な在来軸組工法の仕口(木と木を繋ぎ合わせる部分)と接合金物を使いません。
    仕口の欠損部分を少なくし、特殊な金物で接合する工法です。
    従来の木造仕口部分に変わって特殊金物により構造材を接合するので、接合部の木材断面欠損は約1/4となります。断面欠損を最小限に抑えることで、接合強度は約1.5倍になることが証明されています。

  4. 耐力面材を外周全面張り

    在来軸組工法において地震に強い耐力壁を作るには、柱と柱の間に斜めに架ける『筋交い』を入れる方法と、柱や梁に『耐力面材』という構造用の合板を張って繋ぐ方法があります。
    A-wood homeではこれらを併用して建物の強度を確保しますが、特に耐力面材については建物外周部の壁全面に張ることで構造体を『面』で繋ぎ、より強固な構造体としています。
    また、耐力面材を全面に張ることで建物の気密性や防音性が向上します。

アフターメンテナンス

私たちはお客様の『家』を創るだけが仕事だとは思っていません。
完成してからも見守り続けることも大事な役目だと考えています。

構造躯体と雨水の侵入を防止する部分について
当初の10年保証期間終了後、規定による点検・補修工事(有償)を実施頂き保証期間を10年間延長することができます。

A-wood homeではお引き渡し後もお客様に安心して暮らしていただけるように
長期にわたって無料点検を実施します。

定められた項目に基づき、定期点検を行い、必要に応じてメンテナンスをします。
日頃より当社では増改築やリフォームの工事も承っておりますので、
そういったご相談もお伺いします。

地域密着型の工務店の利点を生かし、ご用命あらばすぐに駆け付けます!

各種保証制度

住宅瑕疵担保責任保険【10年】

『構造耐力上主要な部分』及び『雨水の侵入を防止する部分』に欠陥が生じた場合、法律に基づき、瑕疵の補修または賠償が10年間保証されます(延長制度もあり)。
国土交通大臣指定の住宅瑕疵担保責任保険法人に所属する専門の検査員による検査を合格することで、瑕疵担保の責任を履行します。

地盤保証【20年】

A-wood homeの地盤保証は20年間の長期保証が全棟に付きます。 地盤保証は、専門機関の地盤調査による解析に基づき、土地に応じた地盤改良や基礎仕様を施し、品質基準を満たした場合に保証されます。

※お引き渡し後、地盤の不同沈下が原因で発生した事故に対する原状回復の為の補修費用、必要経費に対して最高5000万円保証する制度です。

シロアリ保証制度【5年】

新築工事の段階で、白アリ発生防止のための工事を行います。
その上で、お引き渡し後保証期間内に白アリが発生した場合には無償で再施工、損害賠償をする制度です。

FRP防水保証制度【10年】

新築住宅にバルコニーがある場合、当社ではFRP防水という工法で防水処理を行います。
お引き渡し後この防水工事が原因となり、漏水が発生した場合の修繕費用等を10年間保証する制度です。